リゾートバイトに最低限必要な持ち物リスト!入りきれなかった荷物の対処法も

当ページのリンクには広告が含まれています。

「リゾートバイトに必要な持ち物ってなんだろう?」て悩みますよね。

必要最低限の物だけを選んでいるつもりなのに、気づいたら多くなっているなんてこともあります。

この記事ではそんな悩みを解決できます

・最低限必要な持ち物を知りたい
・キャリーケースのサイズは?
・荷物が入りきれなかった場合の対処法は?

ご紹介する「最低限必要な持ち物リスト」を活用すれば、初心者でも快適なリゾートバイトライフを送れるでしょう。

この記事前半では最低限必要な持ち物をご紹介します。

後半ではキャリーバッグのサイズ、バッグに入りきれなかった荷物の送り方もご紹介していきます。

目次

先に確認しておきたいこと

リゾートバイトでは、持ち物を準備する前に先に確認しておきたいことがあります。

それは派遣先の周辺環境です。

理由は現地で日用品や食材を買い揃えることができるからです。

派遣先によっては田舎なところもあり、周辺にコンビニやスーパーなど何も無いパターンがほとんどです。

最寄りのコンビニまで歩いて1時間なんてことも(それはまだマシな方かも)。

確認方法は

・Googleマップで調べる
・派遣担当者に聞く

オススメはGoogleマップで調べてみることです。

トイレットペーパーやティッシュなどの日用品も現地で買い揃えることができれば、わざわざ持って行かなくて済みます。

最低限必要な持ち物リスト

貴重品

1.現金(2~3万円ほど)
 ⇒1カ月間最低限の生活費は1万円でも足りますが、地域指定のゴミ袋を買ったりと何かと費用が発生してしまったり、地方では電子マネーが使えないお店や交通機関があるので予備費として持ってると安心です。
※寮費・光熱費が無料、2食付の計算です。
2.キャッシュカード
3.保険証
4.身分証

電子機器

1.スマホ充電器
2.延長コード

電車、バス、飛行機での移動時間が長い場合はモバイルバッテリーがあると安心です。

衣類

衣類に関してはリゾートバイトの期間によって着数が増えます。

3カ月以上の長期になると夏服、冬服両方必要になる場合もあります。

1.私服(お出掛け用)×2
あらかじめコーディネートを考えておくと楽です
2.部屋着×2
⇒コンビニなどのちょっとした外出にも使いたいですね
3.下着×3
4.靴下×3
5.ポーチ
6.ハンカチ

なしこ

わたしは部屋着とパジャマをどうしても分けたいタイプでしたが、今は一緒でも気にならなくなりました。

お風呂・洗面用品

1. ハンガー
2.歯磨きセット
3.ハンドタオル×2
4.バスタオル×2
5.ボディーソープ

⇒石鹸があると荷物にならないのでオススメです
6.シャンプー・リンスー
7.ボンボン(泡立てネット)

8.化粧水・乳液剤
⇒オールインワンがおすすめ!
9.洗濯用洗剤&柔軟剤
10.洗濯ネット

11.洗濯紐
12.ドライヤー

荷物に余裕があれば洗濯ハンガー(洗濯ばさみがジャラジャラ付いてるやつ)を持って行くと便利です(小さいのでもOK)。

洗剤やシャンプーなどのストックは荷物になる上、案外重いので可能ならば現地で買い揃えることをオススメします。

また、寮には洗濯物を干せるところがどこにも見当たらないことが多く、洗濯紐持参して助かったシーンがかなりありました。100円ショップで買えるので、持って行くことをおすすめします。

洗濯紐を活用

日用品・雑貨

1.常備薬
2.折り畳み傘
3.ごみ袋
4.爪切り
5.体温計
6.化粧品
7.眉剃り・ひげ剃り・鼻毛切り
8.整髪料orヘアピン
9.耳かき
10.ティッシュ
11.トイレットペーパー
12.マスク
※コロナ対策

記事冒頭でも書きましたが、派遣先によっては周辺にコンビニやスーパーが無いです。
必要に応じてティッシュやトイレットペーパーなどの消耗品を多めに持って行きましょう。
手持ちの荷物があまりにも多くなった場合の対処法は本記事で説明していきます。

キッチン用品

※自炊する場合に限ります

1.箸・スプーン
2.コップ
3.お皿

⇒レンチンできる容器(耐熱)にしましょう。
6.調理器具(小さめのフライパン・鍋)
7.サランラップ
8.包丁
9.まな板

⇒100円ショップで買えるような荷物にならないタイプがオススメです。
10.調味料
11.食器洗い洗剤
12.スポンジ

寮の設備がIHコンロとガスコンロどちらなのか確認必須です。
また、寮によっては電子レンジやコンロすら無いところもあります。
食事が支給されなく自炊する場合は
・キッチンがあるのか?
・コンロは設置されてるのか?
必ず派遣会社の担当者に確認してください

なしお

寮にキッチンはあったけど、肝心なテーブルコンロが無かったなんてこともありました。

仕事で使う物

最後に仕事に必要な持ち物をご紹介します。

1.メモ帳
2.筆記用具
3.指定の靴下

⇒無地の黒を指定されることが多いです
4.ベルト
5.指定の靴・サンダル

サンダルはリゾートバイトのお仕事(特に裏方)で使うシーンが多いです。

脱ぎ履きがしやく、疲れにくいサンダルを選びましょう。

以上がリゾートバイトで最低限必要な持ち物でした。これらを持って行けば困ることはありません。

次に、キャリーケースのサイズ選びについて説明していきます。

リゾートバイトの契約期間に応じたキャリーバッグの大きさ選び

契約期間によっては夏服、冬服の両方が必要になります。

衣類は結構荷物になるので、長期になると大きめのキャリーバッグが必要になってきます。

日用品のストックや食材は基本的には現地で調達する考えで行きましょう。

契約期間が1~2カ月未満のキャリーバッグ選び

1~2カ月以内ならシーズンをまたぐことがないので、

40ℓ~60ℓのキャリーバッグをオススメします。

それとプラスで手荷物用のリュックやバッグがあると安心ですね。

契約期間が3カ月以上のキャリーバッグ選び

3カ月以上の長期になるとシーズンをまたぐことになるので

70ℓ~80ℓのキャリーバッがオススメです。

プラスで手荷物用のリュックやバッグが必要になります。

冬服は特に、荷物になりますよね。

行きは暑くても帰りは寒いなんてこともあるので注意して準備しましょう。

帰りに荷物が増えることもあるのでこれから購入を考えているなら80ℓをオススメします。

しかし、

  • そんな大きなキャリーバッグ持ってない
  • 荷物が入りきれない

なんてこともあります。

私たち夫婦の場合はノートパソコンや登山グッズも持って行くので当然入り切れません。

そんなときの対処法もご紹介します。

入りきれない荷物は派遣先に郵送できます

荷物を送りたいときは、まずは派遣会社に荷物を送りたいと伝えましょう

派遣会社の担当者から、派遣先(荷物の送り先)の住所を教えてくれます。

求人票に住所が記載されてますが、必ず派遣会社担当者に荷物の送り先住所を確認してください

送料は段ボール1個あたり1000~1500円です。

まとめ

今回の記事では、最低限必要な持ち物とキャリーケース大きさ。

キャリーケースに荷物が入りきれなかったときの対処法をご紹介しました。

良かったら、この記事の持ち物リストを参考にしてみてください。

なしお

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次